スマホだけでできる副業の中でも、より手軽で作業時間が短い仕事を選びたいという場合は、モーニングコール代行を探してみると良いでしょう。

モーニングコール代行とは、その名前の通り朝起こして貰いたいと考える人に対して、モーニングコールを行う仕事です。依頼した人が電話に出て対応してくれれば、その時点で仕事終了となるため、1回の仕事は1分程度で終わることが殆どです。朝のちょっとした時間を活用して仕事ができる上に、複数のモーニングコールを掛け持つこともできます。そのため、短い時間で終わる副業を始めたいという場合は、モーニングコール代行を募集している業者を探してみると良いでしょう。

モーニングコール代行といっても、依頼者に対して電話をすることは個人情報漏洩に繋がるのではないか、さらに報酬以上に通話料が大きな負担となるのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、モーニングコール自体は専用のアプリをダウンロードして行うなど、依頼者に対して個人情報が漏れない形で行われます。さらに、アプリを通じたモーニングコールであれば、通話料も無料となることが殆どのため、誰でも安心して働くことができます。

ただ、モーニングコール代行に需要があるのか、仕事になるのかと不安を感じる人は少なくありません。最近では音や振動、光など様々な形で起こしてくれる目覚ましアプリも登場し評判となっています。ただ、最初は効果がある目覚ましアプリでも、慣れてくると起きるのが難しいと感じてしまう人がいます。そんな人でも、電話に出て応対をするというプロセスであれば、確実に目を覚ますことができると評判です。

ただ、見ず知らずの人に対して電話をして、何を話せば良いのか分からないと、仕事に対して不安を感じる人もいるでしょう。モーニングコールで最も重要となるのは、起きる時間になったことを伝えることです。最初は、約束の時間が来たことを伝えるところから始めてみると良いでしょう。さらに、慣れてきたら「今日も一日頑張っていきましょう!」など一言添える余裕も出てきます。この頃には、モーニングコール自体にやりがいを感じることができるようになっているでしょう。

モーニングコール代行は、決められた時間に電話をしなければいけないため、時間管理が重要となりますが、スマホさえあれば気軽にできる仕事です。そのため、朝に強い人や、出かけるまでの時間を有効活用したい場合は、モーニングコール代行の仕事を探してみると良いでしょう。